So-net無料ブログ作成
検索選択

ひすいのゆ [リヴリー]

 
onsen.png

今日の温泉パークは「翡翠の湯」でした。
こんな色のオオツノワタケの知り合いが昔いたなーって思い出しました。
あくまで知り合いです。

hisui.png

色の数値は赤0 緑153 青153です。
緑っぽい色かと思いきや水色でした。

温泉パークのお湯
 12月26日(木):ソーダの湯 R102 G204 U204
 12月27日(金):ソーダの湯
 12月28日(土):白い濁り湯 R255 G255 U255
 12月29日(日):漆黒の湯 R0 G0 U0
 12月30日(月):赤ワインの湯 R204 G0 U51
 12月31日(火):翡翠の湯 R0 G153 U153


2013-12-31 21:53  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

あかワインのゆ [リヴリー]

 
redwain.png

今日の温泉パークは「赤ワインの湯」でした。
ネタツザルの初期色を濃くしたような感じです。
「オオツノワタケ」のツノの色は、少し見づらいですがちゃんと2色に分かれます。

ootuno.png

数値は赤204 緑0 青51でした。



温泉パークのお湯
 12月26日(木):ソーダの湯
 12月27日(金):ソーダの湯 B102 G204 U204
 12月28日(土):白い濁り湯 B255 G255 U255
 12月29日(日):漆黒の湯 B0 G0 U0
 12月30日(月):赤ワインの湯 B204 G0 U51


2013-12-30 23:53  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

しっこくのゆ [リヴリー]

 
sikkoku.png

今日の温泉パークは「漆黒の湯」でした。
その名の通り真っ黒です。余計な色が一切ありません。
どこの色を取っても赤0 緑0 青0です。

温泉パークのお湯
 12月26日(木):ソーダの湯
 12月27日(金):ソーダの湯 B102 G204 U204
 12月28日(土):白い濁り湯 B255 G255 U255
 12月29日(日):漆黒の湯 B0 G0 U0


2013-12-29 23:05  nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

しろいにごりゆ [リヴリー]

 
white.png

今日の温泉パークは「白い濁り湯」でした。
「濁り」とついていますが、ネタツザルを漬けると汚れのない真っ白です。
オオツノワタケのツノの内側や、トビネのしっぽの部分が「濁り」を表しているのだと思います。

nigori.png

見た目通り、リヴリーの体の色が赤255 緑255 青255になるよう、
漬けたリヴリーのRGB値を動かしています。
オオツノワタケのツノの内側については、リヴリーのRGB値とペイントのRGU値は違うため、
そこで違いが出ているものだと思います。
(リヴリーのRGB値は-255~+255まであるが、ペイントのRGU値は0~255までしか存在しない)

nigori2.png

プリミティブトビネのしっぽの色とオオツノワタケのツノの内側では色が違いますが、
多分、リヴリーのRGB値は変わらないのではないかと考えています。
・・・これ、種類ごとの濃淡?

温泉パークのお湯
 12月26日(木):ソーダの湯
 12月27日(金):ソーダの湯
 12月28日(土):白い濁り湯


2013-12-28 12:44  nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

おんせんパークのしくみ [リヴリー]

しばらく工事中だった「温泉パーク」がオープンしたようなので、行ってきました。
とりあえずつうしん中だったはのなをドボン。

soda.png

明るい緑が落ち着いた青になりました。
「変身(/transform)」を使っても、温泉効果の青色が出ています。
ここで疑問がわきました。
温泉に漬かった時の色の変わり方についてです。
・温泉に漬かった時、漬けたリヴリーのRGB値が決まった数だけ動く?(RGを-50 Bを+100等)
・リヴリーの種族ごとにRGB値を固定する?
・またそのRGB値の見た目は種族ごとに濃淡があったりする?

※リヴリーのRGB値とは、リヴリーの色を数値化したもの。
 Rは赤、Gは緑、Bは青のこと。
 それぞれ-255~+255まで存在する。数字が低いほど該当する色が少なく、高いほど多い。
 RGB全て-255だと黒に、全て+255だと白になる。
 RGB値の初期値はどの種類のリヴリーも「R0 G0 B0」
 リヴリーがご飯を食べるごとにRGB値は変動する。
 例えば、テントウムシを食べると少し赤くなるのはRのみ+2され、残りが-1されるからである。
 ウスバカゲロウで色が変わらないのは、全ての値が動かないからである。


さて、どうなのでしょう。
気になったら実験です。

gather.png

RGB値が決まった数だけ動くのならば、それぞれ色が違う3匹のリヴリーを温泉に漬けると、
温泉に漬かった後も色に違いが見られるはずです。


soda2.png

ですが、温泉に漬けた後、
3匹のリヴリーにそれぞれ違う色が見られるということはありませんでした。
イコール、元の色による濃淡はありません。
オオツノワタケとネタツザルの色にも違いが見られないので、
種類による濃淡もなさそうです。


transform.png

「変身(/transform)」でオオツノワタケをネタツザルにしてみたところ、
もともとネタツザルな2匹とは全然違う色になりました。
変身後は「温泉の色」ではなく「RGB値」を基準にしているようです。(使用上仕方ない?)

soda3.png

ペイントのスポイト機能で色の数値を見てみました。(リヴリーのRGB値とは別物)
リヴリーの体の色が「赤102 緑204 青204」になるようにRGB値を動かされているようです。


温泉のまとめ
・温泉の効力は「漬けたリヴリーの色を5分間だけ変える」もの。
・色の変わり方は
 「ペイントでリヴリーの色を調べた時、赤102 緑204 青204の値になるよう、
  リヴリーのRGB値を動かす」
・つまり、温泉に漬けた後のRGB値は種類ごとに固定されていて、
 元々の色によって漬けた後の色に濃淡が出る事はない。
 (水色のネタツザルも黄色のネタツザルも、漬かった後の色は全く同じ)
・RGB値が動かされているので、温泉に漬かった後に使う「変身(/transform)」は、
 元々の色ではなく、温泉に漬かった後の色に影響される。
 (黄色のネタツザルが「/transform ケマリ」を使っても、黄色ではなく水色のケマリに変身する)


2013-12-26 13:08  nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:LivlyIsland



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。